竹中直人の多様性!俳優なのにワンピースの声優や映画監督なども経験している!?

スポンサードリンク



こんにちは、メヌです。

今回は俳優なのに声優や映画監督の
仕事もしている竹中直人さんに
ついて、なぜたくさんの種類の
仕事をこなしているのか気になり
詳しく調べてみました!

竹中直人のプロフィール

名前:竹中 直人(たけなか なおと)

生年月日:1956年3月20日

出身地:神奈川県

職業:俳優・声優・映画監督・歌手
・タレント・コメディアン

出典:http://www.from1-pro.jp/

竹中直人の経歴が気になる!

竹中さんは神奈川県で生まれ
その後多摩美術大学に進学しました。

大学に通っていた頃は映像演出研究会に
所属していて監督から演者までこなす
ぐらい映画製作に夢中になっていたそうです。

この時、映画製作だけではなく俳優として
演技をすることの面白さを感じて
俳優を目指ざすことになります。

俳優なのに後から映画監督を
やったりしていたのは大学時代の
経験があったからなんですね!

大学卒業後は俳優になるために
劇団青年座に入団しました。

芸能界に入った後はどうなった?

俳優として活動していた竹中さんでしたが
あまり上手くいかず限界を感じていました。

しかしある時、玉川善治という人から
声をかけてもらい、テレビ朝日の番組
「ザ・テレビ演芸」のオーディション
コーナーに出演しグランドチャンピオンに
なることができました。

そのことで多数のバラエティ番組に
出演することになり、コメディアンの
活動もするようになりました。

映画監督としてデビュー!?

コメディアンとして活動し始めたときに
映画監督である奥山和由さんに才能を
買われ、「無能の人」という映画に
監督兼主演としてその映画に関わる
ことができました。

そのことがあって、その後も長編映画の
監督を担うことができました。

大学時代の経験が生きただけでなく
映画監督が見出すほどの才能を
持っていたのは驚きですね!

問題の俳優業は?

コメディアンとしては有名になっただけでなく
俳優としても人気が出るようになります。

人気が爆発したのはNHKの大河ドラマ
「秀吉」で主役である豊臣秀吉役に
抜擢されたことが理由です!

平均視聴率30.4%、最大視聴率37.4%
という素晴らしい数字をたたき出し、
CMなどで竹中さんが秀吉として
でたことでの反響がすごかったことも
あってこの後俳優としての仕事が
たくさん来るようになりました。

声優の仕事に対する評価

タレントの方々がたまに声優業を
することがありますが、一般には
宣伝としての部分が大きいのです。

しかし竹中さんが演じたワンピースの
「金獅子のシキ」は素晴らしく
威圧感のある声がとても作品に
あっていたことで絶賛されました!

タレントの声優業はアニメが好きな人達から
結構非難されることがあるのですが、
絶賛されるとはすごいとしか言いようがありません!

しかし声優が本業ではないので吹替の仕事を
したときは役に対して威圧感が強すぎるなど
声での表現でダメ出しされたりもしています。

ただこれは威圧感がありすぎるだけで
下手だとかそういう意味では言われていないので
単純に役と声があってなかっただけだと思います。

まとめ

竹中さんについていろいろと
調べてみましたが俳優だけでなく
映画監督、コメディアン、声優など
数々の仕事をこなすことができて
かつ素晴らしい仕事ぶりをみせる、
そんな人だということがわかりました。

ほとんどドラマなどを見ない私でも
演技がすごい人だと印象に残るくらいの
人ですので、姿と経歴がわかったときは
この人ならこれくらい当然だろうという
気持ちしか起こりませんでした。

竹中さんの演技は年をとっても衰えない
くらいのすごいものなので、気になった方は
なんでもいいので出演しているドラマなどを
見てみてはいかかでしょうか?

きっとハマると思いますよ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク