スペインの美術品修復はなぜ失敗するのか?

スポンサードリンク



何度も起こっているという修復失敗。

何をどうすれば何度も失敗できるのかわからないので、

詳しく調べてみました。

新しく犠牲になってしまった美術品

修復前の画像
出典:https://www.facebook.com/antonio.capelartista/posts/420680346001119

修復後の画像
出典:
https://www.facebook.com/antonio.capelartista/posts/420680346001119

こちらはスペインのとある銀行に飾られている像なのだが、

本当にひどい直し方というか直してないよねこれ(笑)

修正後の画像だけみても絶対おかしくなってることに気づくけど

修正前の画像があったら、相当ひどいことがわかるね~

なぜこんなことが起こるのだろうか?

美術品の修復は専門家がやっていないことも…

美術品のような貴重な作品を修復したり、

劣化を防いだりすることはその道の専門家が

やるものだと思います。

しかしスペインではだだの素人に任せてしまう

場合があるそうで…

こちらは80歳の素人のおばあさんが修復したものです。

出典:https://www.flickr.com/photos/observatorioderestauracion/

このように素人が手を加えてしまうと

元の絵とは完全に違うものになってしまいます。

素人が手を加えたものを直すことは難しい!

たとえ専門家であっても素人が手を加えたものを

元の形に戻すことは難しいものです。

手を加えすぎたものは例え専門家でも無理なのですが

なぜ修復を依頼する人は素人に頼むのでしょうか?

結局は依頼する人の適当さ

修復を頼まれて失敗している人を見ていると

任されているのは美術関係の人だとか

修復関係の人だとか美術品の修復の専門家ではないのです。

絵が描けるから直すこともできるだろうとか

修復業者の人だから大丈夫だろうとか

そういった思い込みで依頼している場合が多いのです。

また、専門家に依頼すると高くつくから安いほうでいいや

と考える人も多いそうです。

規制を厳しくすべきという意見もある

実際にカレラ教授という人が素人による修復について

コメントしていて、修復の専門的な技術を持っている人だけが

作業を行うべきだと主張しています。

現在スペインには素人による、つまり修復の技術を

持っていない人が修復をすることを禁止する法律はありません。

さらには技術を持っている人自体が少なく、

他の国に出て行ってしまっていることもあるので

専門家に対する待遇をよくしていかないと

これからも同じ事故が起こることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク