「100日後に死ぬワニ」の二次創作で炎上した犬山紙子ってどんな人?

スポンサードリンク



こんにちは、メヌです。

Twitterなどで話題になっている
「100日後に死ぬワニ」の最後、
100日目の4コマ漫画の二次創作を
書いた件で炎上してしまった
犬山紙子さんについて、どんな人か
気になり調べてみました!

犬山紙子さんのプロフィール

名前:犬山 紙子(いぬやま かみこ)

生年月日:1981年12月28日

出身地:大阪府

職業:コラムニスト・エッセイスト・ラジオパーソナリティ

出典:http://slush-pile.jp/

犬山紙子の経歴って?

元仙台の出版社の編集者で
現在は作家としてデビューしていて
雑誌やラジオ、TVなどでコメンテーター
として活動しています。

東北学院大学経済学部を卒業後
仙台のファッション誌の編集者に
なったが家庭の事情で退社した後は
ブログを書きながらニート生活を
していたそうです。

飲み歩くうちに出会った女友達の
恋愛エピソードをイラストを交えながら
ブログで書いていたところ、その
美女なのに負けてしまうエピソードが
ネット上で人気になってブログ本を
出版することになり作家としてデビュー
しました。

ニート生活をしている中でまさか
ブログ本を出せるようになるなんて
人生何が起こるか、わからないですね!

結婚相手はベーシスト!

犬山さんは結婚していて、
お相手はベーシストで漫画家の
劔樹人(つるぎ みきと)さんです!

最初はSNSなどで言い合いしたり
していたそうですが、犬山さんの方から
アプローチして交際し、結婚までいったそうです。

最初の印象は悪そうなのに結婚まで
いっちゃうなんてすごいですね!

2014年8月8日に入籍し、
2017年1月6日に一人目の子供が生まれました。

児童虐待阻止のためのボランティア

犬山さんに子供ができたことや
目黒区の女児虐待死事件があったことで
児童虐待を防ぐためのボランティアチーム
「こどものいのちはこどものもの」
立ち上げました!

それだけでなくSNSなどで
児童虐待防止の声を集めて
厚生労働省の副大臣に提出したり、
社会的養護啓発プログラム「こどもギフト」
立ち上げてクラウドファンディングで
集まった資金を使って社会的支援が
必要な子供たちの手助けなどをしていました。

子供を守るために声を上げるだけでも
立派なことなのに、行動まで起こして
支援グループまで立ち上げたのは
心から子供を助けたいと思っている
からだと思えますね!

ワニの件での炎上について!

炎上してしまった犬山さんですが
実際その作者さんからクレームが
きたとかではなく、

犬山さんが出した4コマが
作者と違う結末だったことや
二次創作を作者の前で披露する
ことに対して、

作者の気持ちを考えて
いないんじゃないかという
批判が大きくなって炎上してしまいました。

犬山さんは仕事で4コマを書いて
欲しいと言われて書いただけですし
ワニの作者も問題ないと言っていますし
感心したと言っていますから
今回は運悪く外野の批判が大きく
なってしまったということですね。

まとめ

犬山紙子さんについて調べてみましたが

  • ファッション誌の編集者だったが退社しニートになった
  • ニート生活中にブログに書いたエピソードが話題になり
    ブログ本を出し作家デビュー
  • 劔樹人さんと結婚し、娘もいる
  • 社会的支援が必要な子供のために活動している
  • 炎上したが犬山さんやワニの作者たちには問題がなかった

ということがわかりました。

炎上したというからどんな問題が起こったのか
不安になりましたが、見ていた人達が
熱くなってしまっただけということで
安心しました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク